www.pessoart.com

通常、カードの上限額が所有者が日常払う以上よりゆるく決めいていると使用者は安心だと勘違いし無駄にクレカで支払ったりするものですね。そういったカードへの過度の依存をコントロールする意味でも決済可能な最高額を事前に減らし気味に申し込んでおこう・・・というのが、これから見る本文のメインとなる考え方です。月の限度額を下げる方法△使用カードの上限額を減らしておくことはカードの限度額を引き上げることと同じく、いたって便利です。バックに載っている電話番号に問い合わせて「カードの限度額をもっと低くしたいんですが・・・」と希望を担当者に指示するだけです。一般には現状のカードの限度額よりも少ない上限であれば、込み入った調査もなく容易に設定が終わってしまいます。月の限度額を減らしておくのは自分を守ることとも繋がっている◆月ごとの限度額の抑制は、自制というような益は言うまでもなく危険を避けることとも関連が深いものです。仮に、大事なカードが盗られて乱用されたような状況でも、事前に持っているカードの月の利用限度額を厳しく押さえておくならリスクを出来るだけ少なくすることができるためです。ここで言っておきたいのは、クレカが悪用されてしまったような場合でもカードユーザーに過失が確認できない限り、盗難保険というしくみが契約者を助けてくれるし心配することではないけれど、もしもの時のことを頭に入れておき必要のない限度額は少なくしておくのも手です。必要のない余裕は良くないことと言えます。

Link

Copyright © 1996 www.pessoart.com All Rights Reserved.